東京でオーダー出来る家具情報!オーダーできる家具店のお役立ち情報が満載

兄弟がいるなら名前シールで

子どもの物に名前を書くのは面倒。それに、下にもまだ子どもがいると次の子が使える可能性があります。お下がりは仕方ないとして、上の子の名前が書いてあるものをそのまま使わせるというのはちょっとかわいそうですよね。そこで、我が家では名前シールを使っています。これならその物に名前を書く必要もありませんし、お手軽。今はキャラクターを採用した物や動物のイラストが描かれている物がありますので、子どももすごく喜んでくれるんですよ。うちの場合は兄と弟なので、それぞれ好きなキャラクターの物を貼っています。弟の方は、最初はお下がりに不満そうでしたが好きなキャラクターのイラストが描いてある名前シールを貼ってあげるととてもご機嫌になってくれました。学校に行く際に名前を書いておくというのはとても大切です。しかし、シールという手段もあるんですよ。


海外でも人気の日本の名前シール

娘が海外の学校に通っていますが、日本と同様、荷物にはすべて名前を記入しないといけません。日本人ならどんなに長い名前でも苗字で5文字、名で7文字ぐらいだとおもいますが、外国の名前には名前で10文字を超えるのも珍しくありません。また性も父・母・両方を受け継いでいる子やミドルネームなどとなると、名前が非常に長い子が多いです。小さな荷物に名前を書くのも一苦労。ということで、日本に帰国したときに名前シールをオーダーしてプレゼントしたところ、予想以上に喜ばれ、それからは帰国のたびに購入するようになりました。オリジナリティもあり、ワンポイントのキャラクターがついているものなどもあり、また防水加工のものや、布にはれるものなど、用途にあわせて色々なタイプの名前シールがあり、海外へのおみやげにとても喜ばれるとおもいます。


子供の持ち物に名前シールを貼る

子供が保育園や、幼稚園、小学校に通い出すと、持ち物にはすべて名前が必要になります。特に保育園に通い始めた一歳や二歳の小さい子供は、自分の持ち物を把握出来ていません。しかし、お弁当や、水筒などを持って行くことがあります。誰の持ち物か分からなくなっても、小さい子供はどれが自分のか分からないです。たくさん人数がいると先生もどれが誰のか覚えることができません。そのため、名前シールが役に立ちます。直接マジックで書くとみた目があまりよくないです。名前シールはイーターネットで注文すると、いろいろな大きさのものがセットになっていて、書体も選べます。ワンポイントで、果物や、動物も選べることが出来るので子供が好きなものを選択します。水洗いも大丈夫なので、たくさんのものに貼ることが出来ます。使わなくなったら剥がすことも出来るので便利です。

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)