入園入学準備に名前シールを利用してみませんか?

幼稚園児や小学生のお子さんがいらっしゃるお母さん方の強い味方、お名前シールのご紹介です。子供達の集団生活の中で、落し物をすることは避けて通れない道ですよね。そして、落とした物は他の子の物と紛れてしまう…。いいんです。落し物をすることも。紛れてしまうことも。最終的に本人の手元に返ってきさえすれば。落し物が返って来るようにする為には、物に名前を書くことは必須です。幼稚園や学校でもそのように指示があるかと思います。でも、名前を書かなくてはならない備品は本当にたくさんあるんです。絵の具一本一本(しかも本体とキャップ。)、算数マグネット一個一個、女の子なら髪留め一つ一つ…。字が書ける子なら子供に書かせるのもありですが、あくまで記名は他人に読んでもらうことが前提なので、きれいに書けていなければ意味がない。でも、母自身もそんなに大量の備品すべてにきれいに書ける自信はないし、正直手間。そんな時に役立つのが名前シールです。貼るだけできれいな記名が完了。サイズも大中小、縦書き横書きのシールを用意しておけば、いろんな備品に対応ができます。シールは、無料のテンプレートがインターネット上にたくさんあるので、専用シールさえ用意すれば、ご家庭のプリンターで印刷ができます。もちろん、専門業者に注文してプロに作成してもらうことも可能です。手書きみたいに労力をかけず、スタンプみたいに押すのにテクニックもいらずなく、貼るだけの簡単名前シール。ぜひ利用してみてください。


大変な名前付けは名前シールで。

人生でこんなにも子供の名前を書くことがあるだろうかと思ったのが、子どもが小学校1年生になった時でした。幼稚園とは比べ物にならないほど全てに名前を書かなくてはならないのです。教科書、ノート、算数セットなどは覚悟していましたがそれ以外にもたくさんありました。それでも名前シールのおかげでかなり助かりました。一番大変だったのが数え棒です。おはじきも大変でしたが、数え棒はなんせ、細いのです。ここは名前シールが大活躍です。なんせ数も多く、100本ほどですから。次に多かったのが算数の計算カードです。まさか一枚一枚に書かなくてはいけないと思ってなかったのです。最初手で書いていましたが、途中で大変になり急遽、パソコンで作る名前シールを作りました。春休みに多目に頼んでおいたはずが案外足らなかったのです。もっと余分に作っておくべきだったと反省しています。


小学校入学前に名前シールを用意して

子供が小学校に入学する時、最初に親が苦戦するのが教材等の名前付けです。学校に持って行く物は基本的に全てきちんと名前を書いておかなくてはならないので、教材がたくさん必要になる入学時というのは、連日夜にお母さんたちがコツコツと名前を記入するケースも少なくありません。ですが中にはとても細かく、名前が書きづらいアイテムもあります。小学校の算数の時間に使うおはじきなどは、全て手書きで名前を書いていたらかなりの労力を必要とするはずです。小学校の入学準備の時に用意しておきたいのが名前シールです。子供の名前が既に印刷され、何種類かのサイズが備わっている名前シールを購入しておけば、いちいち名前を書くのが面倒なアイテムにも簡単に名前を付けることができます。おはじき用の形のシールが含まれているシールセットもあるので、入学前にぜひ購入しておくと良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*