用途も豊富な名前シールの活用

営業職に携わっている場合には、提案用のパンフレットやノベルティ商品に自分の名前を記す手段として、名前シールの活用があります。パンフレット等の場合には、スタンプを押すよりは綺麗な見栄えが特徴であります。やはり、顧客も綺麗な資料を貰えた方が、より印象が強いものであります。ノベルティ商品については、自分の名前を印象付けさせるのが目的であります。全ての商品に張るのを忘れないでおきたいところです。この名前シールの作成については、文具店等に専用シートが売られていますので、これを使ってプリンターで印刷します。用途に応じて、色々なサイズがありますので、使い分けると良いかと思われます。また、パンフレットの説明で強調したい箇所に、このシートを使って自分の意見を入れて貼っておくのも面白いかもしれません。ともかく、工夫次第で様々な用途が考えられるでしょう。


名前シールは家でも作れる

名前シールは今では家でも簡単に作れるようになりました。プリンターの進化のおかげですね。昔は業者にい頼むかしないと作れなかったです。あとはラベル機というのがあって、そこに文字を入力していくとラベルが出きあがるのもありました。これはシールが結構高いのでコスト的にかかる物でした。でも今は簡単にパソコンで作った内容の物をシールの台紙に印刷できるようになっています。シールの台紙もフリーのものを買うとどんな内容のものもシールにする事ができます。台紙の値段はちょっと高いですが、自分で好きな文字や絵柄を印刷できるのはすごく楽しいと思います。絵柄もネットで引っ張ってくることも出来るので好きなキャラクターの物を印刷できます。これが手軽に自宅で出来るのはうれしいですね。わざわざお店に依頼するという事がないのがいい所ですね。


名前シールって使ってますか?

名前シールと聞いて一番に思い出すのは、文字を打ち込んで白いテープみたいなものでガガガガ…と出てくるやつです。昔よく使っていました。名前だけでなく、物品整理やファイル整理等にも使えるので、非常に重宝したものです。最近あまり見かけないなと思ったのですが、やっぱりパソコンが普及して、シールも印刷できる時代になりましたからね。企業としてもパソコンでちょちょいと打って印刷できるのであれば、やっぱりその方が便利だということなのかな?と、勝手に思っていました。すみません。勘違いでした。シール作りもものすごい進化していました。昔は企業向けだったあの機械、セロハンテープをピッと出してペタッと貼るぐらいの気軽さで、オリジナリティを出せるところまで進化していました。お手軽にシールが作れる。さらに、写真まで貼れる。たまたまつけたテレビの「イマドキの文房具」みたいなコーナーで紹介されていたのですが、ちょっと感動してしまいました。もちろん、パソコンももちろん負けていません。というか、もともと自由度も高く、デザイン自体はオリジナリティを出せるところだったのですが、最近はプリンタの進化や製品の多様化によって、よりハイクオリティな名前シールを作ることが可能になっているようです。考えてみれば昔は自分の持ち物に油性ペンで名前を書いていましたよね。それが、ちょっとオシャレに可愛らしく…ということを楽しみながら、自分らしく、見やすく、分かりやすくを実現させられるようになっているのですね。いや、ちょっとほしくなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*